シンガーの体作り~朝編その2~

前回のシンガーの体作り~朝編その1~では、
ボイトレを本格的に始める前に
まず自分で始めてみた一つ目の習慣
「全力ラジオ体操」をご紹介しました。

その後、実際にボイトレに通い始めてから
レッスンで学んだことを、その「全力ラジオ体操」に
カスタムしていき、今も実践中です♪

とうことで、今回はそのカスタム部分を
ご紹介します(・ω・)/

 


 「全力顔面体操」をカスタム!

 

「全力ラジオ体操」では体の筋肉の
筋力&柔軟性の下地作りでしたが、

歌を歌う、という以上避けて通れないのは
「表情筋」、つまり顔の筋肉です。

 

英語などの多くの外国語に比べて
日本語はそんなに表情豊かに
口や舌をしっかり使わなくても発音できて、
抑揚もそこまで大きくありません。

なので、必然的に日常会話だけでは
顔の筋肉は鍛えにくいんですよね。

そこで「全力顔面体操」です♪

 

で、表情筋が付いていくと
どんなメリットかあるのか?

 

実はシンガーとしての表現力アップだけではなくて、
普段の表情も明るくなり、
結果的に若々しい表情作り、つまり
アンチエイジングに繋がるんです(^ω^)

それでは早速私が毎朝しているメニューを
自作イラスト(笑)付きでご紹介します♪


 「全力あーいーうー」

 

1.そのまんまですが、まずは
「あー」の形に口を開けつつ、
目もがっつり開きます。

顔全体でびっくりした時の「あー!」です。

 

2.続いて横にみよ~んと引っ張られるように
「いー」の口&引き続きおめめぱっちり

歯並びが上下きれいに見えるくらい
しっかり口角を上げるのがポイント。

多分、普段からよほどリアクションが
大きい方でない限りは、最初の内は
そこまで口角が上がり切れないと思います。

私ももれなくそうでしたので(笑)

でも、今の時点でのマックスな「いー」を
日々続けることで、ある時ふと気付いたら
歯並びがしっかり見えるくらい
表情筋が鍛えられている、

というタイミングがやってきますので、
長い目で続けてみて下さい(^-^)

 

3.最後に梅干しを食べてすっぱい時のように
目と口が顔の中心に集めるように
ぎゅ~っとすぼめて「うー」です。

口はたこのようににゅ~っと突き出す感じです。

この1~3の各数秒ずつを何度か繰り返して
表情筋を伸縮させて、柔らかくしていきます。

 


恥を捨てて!(笑)
「ゴリラフェイス」

 

続いては舌を鍛えていきます。

歌う、ということは歌詞=言葉
を伝えるということなので、

お客さんがちゃんと歌詞を聞き取れるよう
滑舌良く発音するには、
舌の筋肉を鍛えることも大切です。

もちろん歌だけではなく、
ビジネス、いや日常会話でも大切ですね。

 

さらに、このメニューは
顔の内側から表情筋を刺激していく
意味合いもあります。

 

1.まず、舌を上の歯並びの表側と
上唇の間へぐっと入れます。

そして、歯並びに沿って右⇔左と
ゆっくり舌を滑らせます。

そのタイミングで鏡を見ると、
まさにゴリラフェイスですよ(笑)

あ、でも言い方を変えると
飴玉がころころ転がっているようにも見えますね。

 

ポイントとしては、舌をしっかり
奥までのばして入れ込んで
内側から皮膚を押し出して、
ほうれい線を内からのばしていく感じです♪

 

2.1と同様に、下の歯並び前面と
下唇の間に舌を入れ込んで、
左右にゆっくり行き来して
皮膚を内から押し伸ばしていきます。

 

3.最後に1と2と合体させて、
舌をぐるぐると上下に回していきます。


「あーいーうー舌ver.」

 

もう一つ舌を鍛えるメニューです♪

やってみると最初は案外難しいのですが、
これも長い目でじっくり取り組んでみてください。

 

1.まず、舌を前ににゅーっと出します。

2.舌はその状態をキープしたまま、
引っ込んだりしないように気を付けつつ
口をゆっくり「あーいーうー」の形にしていきます。

最初は口の形が変わると同時にうっかり
舌が引っ込んでしまうんですよね(笑)

でも、舌の位置をキープしたまま
口を動かせるようになってくれば、
舌の筋肉がついてきたという指標になりますよ♪

 


まとめ

 

では最後に今日の内容を簡単にまとめます♪

 

「全力顔面体操」のメリット

  1. 表情筋が鍛えられる
  2. 表情筋アップで歌の表現力アップ
  3. 表情筋アップで明るい表情になることでアンチエイジング効果

 

「全力あーいーうー」のポイント

  1. 「あー」はびっくりした時の表情で目もぱっちり!
  2. 「いー」は歯並びが見えるくらい口角を上げる
  3. 「うー」は酸っぱ~い時のようにぎゅ~っとすぼめる

 

「ゴリラフェイス」のポイント

  1. 恥を捨てる(笑)←コレ大事
  2. 舌を鍛えて滑舌良く!
  3. 内側から皮膚を押しのばしてほうれい線を消すようなイメージ

 

「あーいーうー舌ver.」

  1. 口の形を変えるときにつられて舌が引っ込まないように
  2. すぐには上手くできなくても、気長にじっくり取り組む

 

実はまだメニューが残っているので
続きは次回ご紹介しますね!

 


江村梨紗無料メルマガご登録はこちらから

自分の体験と学びをもとに「なぜ声と向き合うと人生が輝きだすのか」のヒントを無料公式メルマガでお届けしています♪

新企画「声で命を輝かす1to1ツアー」やオンラインライブなどのお知らせもこちらでお伝えしていきます(´▽`)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA