2/24(土)ボーカルレッスン備忘録~課題は同じ~

前日の二胡レッスンに続き、
今回はボーカルの方のレッスンでした〜。

 

確か2013年の6月くらいから始めて
ずっと通っているのですが(もう4年半?!)
今担当して下さっているのはお2人目の師匠です。

 

担当を変わって頂いた経緯としては
レコーディングをメインにレッスンを進めたい
とお1人目の師匠に相談したところ、

より機材などの扱いに詳しい
今のダンディな師匠に担当して頂くことに
なったのでした。

 

なので、今の師匠に変わってからは
がっつりとボイトレ的なことは
したことがなかったんですよねー。

 

で、先月にレッスンでレコーディングした
(KPでも歌う予定の)Superflyの
「愛をこめて花束を」が、

何か変な気負いが入ったのか
これまでのコアトーニングとかが
全く活かされてないミックスボイスで
終わってしまったんです…( ̄◇ ̄;)

 

 

で、そこからKPのオンラインでの学びと
先週の合宿での学びも経て、
「もう一回試しにレコーディングしてみるか…」

と思っていたのですが、
脱力しての発声を完全に身に付けるには
まだまだ今ひとつ感がぬぐえず、

今回は思い切って師匠から学ぶ
地声トレーニングを体験してみよう!と思い
初のがっつりボイトレとなったのでした♪

 

 

課題は同じ

 

「もしかしたらKPのコウタローさんから
学んだこととは方針として違うことを
提示されることもあるかもなぁ…」

とちょっと不安もあったのですが、

 

結論からいきますと…

 

本質的なご指摘は…

 

同じでしたー( ̄∀ ̄)

 

 

とりあえず簡単な発声をしてみて
すぐに見抜かれたのが喉や舌が力んでいること。

 

なので、師匠流の方法で喉と舌をゆるませ
ただ息が喉を通っていくだけ、
という状態を作る練習を教えて頂きました。

 

ここからは教えて頂いた方法を
覚えている限りシェアしていきます!

 

 

喉と舌の力を抜いて、息を流す下準備

 

1.Zzzzz…

 

寝ているのではありません( ̄∀ ̄)

日本語の「ず=zu」ではなくて、
「z」の子音だけを長く伸ばします。

「zーーーーー」という感じ。

 

これは喉を力ませず、声帯もがっつり使わず、
息だけ流れて、その息の分だけ
ふるふると声帯が揺れるという音なので

まず力みのない状態で息を流す体感を
得るステップになるそうです。

 

 

2.くっ、くっ、くっ…

 

不敵に笑っているのではありません( ̄∀ ̄)

息を流すということそのものが
苦手なのではないか、ということで、
しっかり息を流すことに慣れる練習です。

 

ポイントは…

*しっかりスタッカートで!
(ぴしっ!ぴしっ!と止めるというか
跳ねるという感じの表現方法)

*口の形も下唇周辺の筋肉も使って
がっつり口をすぼめる!

*はっきり「く」の子音と母音を
発音するというよりは息混じりの
寝起き突撃声に近い感じでOK
(ちびまる子ちゃんの野口さんみたいな感じw)

 

 

3.ハミング

 

ただふんふん言うのではなく、
唇までびりびり振動が来るのを
感じるようにするのがポイント。

 

そのびりびりハミングでポルタメント。
(ドレミファソファミレド、みたいな音の波を
低音〜高音を行き来する練習)

この時も喉と舌は力まな〜い!

 

 

4.リップロール

 

唇をぶるぶるさせながら、
これまたポルタメント。

 

リップロールの詳細はこちらでもまとめてます↓

シンガーの体作り~朝編その3~

 

リップロールってずーっと唇に
息を流し続けないと音鳴らないですよね。

で、息の量とか流すスピードが変わると
唇の振動が変わるじゃないですか。

 

なので、息を流すことを自覚することとか
流す息を一定にコントロールすることを
目的としたものなのかなぁと思ました。

 

息を流すという点においては
コウタローさんから学んだ寝起き突撃声と
目的が同じなんですが、私の感覚としては

流す息の量を増やす→寝起き突撃声
息の量を一定に調整→リップロール

という風にそれぞれ向いている気がします♪

 

 

息を音に繋げる

 

1.哈!

これは中国語でも出てくる漢字ですが、
「は=ha」と読みます。

なんとなく気合い入りますね(笑)

かめはめ波撃てそう( ̄∀ ̄)

 

これでポルタメントするのですが、
「ha」を分解してみると

h=喉が息から流れる子音
a=有音の「あ」

ですね。

 

つまり、「は」の母音の「a=あ」が
有音として鳴る前の、子音「h」の段階で
すでに息は喉から出ていることを意識します。

 

もう一つのポイントとしては、
間延びした普通の「はははは…」ではなく、
スタッカートで一音一音で
かめはめ波撃つイメージ。

 

あ、でも別に音量めっちゃあげなきゃいけない
ということではなくて、
喉&舌の緩みと息の流れ具合の方が大切です!

 

 

2.la la la

らららんどではありません( ̄∀ ̄)
(しかも私見てないw)

今度は「ら=la」でポルタメント。

 

「la」でやる意味としては
舌先を上の歯の根元に当てて発するこの音は
比較的喉が力みにくい音なのだそうです。

 

 

3.おえおえおー

お酒飲みすぎてリバースしているわけでは
ありません( ̄∀ ̄)

 

口角が下がり気味、というご指摘も頂いて、
表情筋も併せて鍛えよう!ということになり

口の形を一つ一つしっかり形作って
かつ喉と舌は脱力するのに気を付けつつ
発声しました。

 

この時に、コアトーニングの成果なのか
低音域は勝手に倍音がびりびり聞こえてきて
嬉しかったですね〜( ´ ▽ ` )

 

それに、倍音が鳴るということは、
ちゃんと地声が出ているということで、
それは喉や舌が脱力できてる
ということでもあるからです♪

 

 

4.ういういうー

今度音を変えて同様に脱力しつつ発声。

この時も口の形は日常生活では大げさなくらい
しっかり大きく動かします。

 

 

さて、ここで師匠からの豆知識!

 

1.うおあえい

レッスン室のホワイトボートに
「うおあえい」という順で書いていたんですが
なぜこの順番なのでしょうか?

実は口の中で音が響く位置の順番なのだそうです!

 

う お あ え い
喉の奥←  →口先

という感じです。

 

なので、先にした「おーえ」は
中距離でのインターバルなのに対し
「うーい」は長距離インターバルなんですね〜。

なので「おえ」で慣らした後に「うい」なわけです。

 

これをイメージしながら
コアトーニングするのも
面白そうだなーと思いました!

 

2.「う」と「お」の口の形の違いとは?

「う」はたこみたいにがっつり口を
すぼめればいいんやろ、って感じですが、
「お」って何気に曖昧じゃないですか?

 

これもわかりやすい作り方がありまして、

まず「う」の口を作ります

そのまま下顎を下げます

「お」の完成!!

だそうです( ̄∀ ̄)

めっちゃ簡単〜!

 

コアトーニングでは、より音と息を出すために
この状態から一回り大きく開けると
ちょうど良さそうだなーと思いました♪

 

 

3.発声時の声帯の状態って?

地声低中音域と地声高音域と
裏声(ファルセット)、それぞれの
声帯の状態ってどうなっているんでしょうか?

 

まず、無理なく自然に出る地声低中音域

声帯とは弁のようなものです。

それを手で表すと、両手の人差し指を出して
そのまま平行に添えた状態

「II」みたいな感じです。

 

ぴったりとくっついているわけではなく
程よく緩んだ状態で並んでいて、
そこに息が通るので低〜中音域が出ます。

 

そこから音域が上がって行くと…

先程添えた人差し指の指先はくっついたまま、
指の根元はどんどん離れていきます

「V」の上下反対向きみたいな感じ。

 

そこに息を流すと地声で高音域が
出るという仕組みなんですが、
この緊張状態が私の場合耐えられないようで、

そのぴん!と緊張した状態がぱほん!
と外れると
裏声になるんだそうです。

 

実際にどんな風に動いているのか
自分の声帯の状態をカメラで
撮ってみたいなと思いました( ̄∀ ̄)

 

 

地声の音域を上げよう!

 

ここまでのトレーニングを経て、
最後は実際に地声でポルタメントを
がっつり上がったり下がったりします。

そして苦手な地声での高音域をのばしていきます。

 

 

その時に師匠から言われたポイントが
これまたKP合宿でコウタローさんから頂いた
ポイントとほぼ同じなんですよね〜。

 

*高音の時ほど息の流れをしっかり作る!
というか息をしっかり流せば
勝手に音は出しやすくなる!

ホースから出る水を勢いよく出そうとする時に
ホースの出口(声帯)を指で押さえて
勢いを出すのではなく
蛇口そのもの(息)をがっつり開ける!
ということですね。

 

*ポルタメントの波が
低音←→高音に上下する時は

低音ほど声が近くに落ちるイメージで、
高音ほど遠くへ音が飛ぶイメージ。

噴水とかホースとかで水を近くに飛ばしたり
遠くに飛ばしたりするのを声に当てはめると
わかりやすいかも。

 

そうしてしばし発声していくと、
やっぱりまだ慣れないので高音域は
声帯がぱほん!とならないように耐えるのが
かなりしんどかったのですが、

結果的に地声で高いレの音「ハイD」まで
いけましたよ!

 

これってKP合宿の時とほぼ同じ!!

 

ということは、ちゃんと脱力して
声帯の振動をしっかり感じて
息もしっかり流せていれば
現状の自分の備える実力としては
少なくともそこまでは出るってことなんですよね。

 

で、最後に「愛を込めて花束を」を
地声で歌ってみました。

 

でもこうして曲になるとついBメロの
「ここにこられて本当に良かったわ」
「良かったわ」が出なくなってしまうんですよね…

 

合宿以降曲で地声を出す練習に移ったものの
実はかなり行き詰まっていたので、

「また過去の出来ないと思い込んでいる
自分に戻るなよ!
本当は普通にできるよ!」

というサポートをとても良いタイミングで
受け取れたなぁと思います( ´ ▽ ` )

メンタル面でもスキル面でも。

 

 

実際こうして人のお力を借りてなら
できるわけなので、
あとはこれを自分1人の時でも
「できない」という過去の自分がかけた
呪文の呪縛を解いてこつこつやっていくのみ!
ですねー。

 

ということでとても実りある
師匠との初がっつりボイトレでした!!

地声で気持ちよく高音域出すぞー!!(`・ω・´)

 


江村梨紗無料メルマガご登録はこちらから

自分を可愛がれる人は、そばにいる人、そして世界のいびつさと美しさを愛でられる人になる!

本音と向き合い素直に自己表現できるようになると、美意識(価値観)が磨かれ「愛で力」が育ち、自分も世界も可愛がれる自分になれます。

共にその美意識(価値観)を磨きあい互いを愛であえる世界を創っていく仲間をメルマガで募集中です♪

そんな世界を創っていくためのヒントや気付き、実践のためのサービスや企画を無料メルマガでお届けしています。

自身の体験や学びに基づいた声や音楽の持つ力にまつわるお話、婚活を初めて1年未満でスピード入籍してスタートした新婚生活から学んだ日々のあれこれなど、色んなアプローチから私の生活(人生)全てをフィルターにしてお届けしています。

音楽活動の進捗やお知らせもお届けしますよ♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA