自己対話して見えたこれからの行き先

「花霞」2021.4.24 リリースしました!

・各音楽配信サービスはこちら
(「花霞」のみ)

・自社サイトはこちら
(「花霞 OKEver.」込み)

☆MVはこちら

☆Instagramのストーリーズで、ミュージックスタンプとしても「花霞」が使えるようになりました!

 

音楽と文章を通して、自分純度100%で生きることで【誰もが誰かの希望の光】となり、幸せが循環するヒントをお裾分けします。

シンガーソングライター&随筆家の江村梨紗です。

こんにちは!約一ヵ月ぶりです!

 

以前から読んで下さっている皆さんはお気付きかもしれませんが、メルマガのタイトルと出だしのご挨拶、肩書をリニューアルしました!

 

現在ビジネス講座に参加していまして、今後の活動の基盤作りをしています。

 

さらに、ありがたいことにそれ以外のご縁のある方からも、ビジネスについてたくさんアドバイス頂く機会があったり、

ずっと気になっていた表現者の方の発信もじっくり追って価値観に触れたことで、徐々に今の自分にとっての核が見えてきました。

 

今回は今後の方向性として私が今感じていることをつらつらと綴り、皆さんにも共有したいと思います。

ぜひ最後まで読んで頂けたら嬉しいです(*´▽`*)

 

 

暗く長いトンネルの中で、小さく輝く希望の光。

 

この1ヵ月何度も何度も自己対話していました。

 

パソコンのマインドマップを使ったり、でもそれでは自分の想いが出きらず、手書きでA4コピー用紙に何枚も何枚も書き出したり。

最初は「これだー!」と思ってどんどん書き進めていても、だんだんもやもやしだして手が止まったり。

そんな日は頭を休ませて、一晩寝かせて翌日フラットな心でもう一度そのメモを見返し、違和感のあるポイントを見定めたり。

 

そんなことを日々繰り返してしていると、
本当にじんわり じわじわ染み出してくるように、
はたまたうす~い玉ねぎの皮が一枚 一枚、ぺりぺりとめくれるように

自分がこれからどうありたいのか、どう生きていきたいと思っているのかが感じ取れるようになりました。

 

 

講座の中でも、そしてそれ以外のアドバイスして下さった方も、皆さん共通して仰っていたのは

【答えはもう自分の中にある】

ということでした。

 

これは、自分の潜在意識の奥深いところに眠っているので、スムーズに出てこない間はとっても苦しい言葉でもあるのですが、

でもその一方で、「もうある」という絶対的な安心感は、真っ暗なトンネルの中を歩くような私の心にとって、小さな希望の光でした。

(手前味噌ですが「shadow」という曲の世界そのものな状態でした。)

 

だからこそ、

「この苦しみは絶対今後誰かのお役に立てるから大丈夫!」

を自分の中での合言葉として、この期間を過ごすことができたんです。

 

そうして今、大きな方向性としてはこっちだな!と思えるところまで浮上してこれたので、今の想いをお届けしたいと思い、こうして文字を連ねています。

 

 

誰もが誰かの希望の光である世界

 

今、私が生きていきたい世界というのは

【誰かの希望の光である世界】

です。

 

 

「なぜ音楽をしているのか?」

「音楽を通して何を伝えたいのか?」

ということを内観していたのですが、

 

その時に思い起こされたのは、

ライブの後にお客さんが私に声をかけて下さって、心を鼓動させながら感想を伝えてくださった風景。

今年の春に行った新曲リリース企画の参加者さんから頂いた、たくさんの応援メッセージ。

そして、毎朝の習慣として心の神棚に手を合わせてお祈りする時に宣言している自分の言葉。

 

それを思い返していくと、

私は自分が好きで楽しんで出来ることを届けることで、周りの人達に
「自分ももっと人生楽しんでいこう」
と思ってもらえたら嬉しいんだな、という事や

音楽を自己対話のきっかけにしてもらい、そこで正の感情も負の感情も、じっくり感じ尽くして心を鼓動させて生きていって欲しいんだな、

ということをじんわり感じました。

 

【心が鼓動する】というのは、私にとって

生物学的にただヒトという生き物として心臓が動いているだけで、心はすさんでいるという状態ではなくて

感情も豊かに動いていて、人間らしく悩んだり喜んだりして生きているということです。

 

そして、創り出した音楽だけでなく、私自身が悩んだり喜んだりするあらゆる姿そのものも

こうして繋がって応援して下さっている皆さんにとっての希望の光になり得るんじゃないか、と気付きました。

 

と同時に、私でも誰かの希望の光であれるのならば、きっとこの世界の人達全員が誰かにとっての希望の光であるのだ、ということにも気付きました。

 

Aさんが絶望した時には、側にいるBさんの姿がAさんの希望の光になるし、

Bさんが苦しい時には側にいるCさんの姿がBさんの希望の光になって…

とお互いがお互いを支え合い輝きあう関係性が日本中世界中に広がる、満点の夜空みたいな世界ってすごくいいなと思ったんです。

 

そんな世界の片隅で、私は音楽やこういった文章を通してその役割の一部を担えたら、それはとても幸せなことだなぁと。

 

ということは、あなたもその世界の光の一つという事ですよ☆

 

 

誰かの希望の光であるために必要なこと

 

そこからもう一つ掘り下げて、

「じゃあ自分や周りの人達が誰かの希望の光であるために、大切な事って何だろう?」

と、これまでの自分を振り返りつつ考えてみました。

 

そうして今大事だなと感じていることは

【自分の純度を高める事】

でした。

 

今の日々の暮らしって、ただでさえ物も情報も溢れてますし、その分感情も必要以上にぶらされます。

 

さらに、自分の思考を観察してみても

「本当にエネルギーを割いてまで考えなきゃいけないことはそれなの?」

「もっと他に集中すべきことがあるんじゃないの?」

ということが良くあります…。(この一か月もそういうこと多々ありました…。)

 

そういう時って、大体自分の外にある人や物や情報に自分を侵食されてるんです。

いや、侵食させているとも言えるかもしれません…。

 

「で、結局本当の本当はどうしたいの?」

という問いを、(自分の心や体はもう答えを知っているのに)自分に問いかけることを忘れていたり、気付かないふりをしていたりします。

 

この状況って、例えばあなたという器の中に、本来満たしておくべき自分の本音じゃないあれこれ(世間体とか他人の価値観とか諸々…)を入れてしまっていて、あなたの純度が落ちて濁ってしまっているんですよね。

精製水に墨汁が混じっちゃった!みたいな。

 

で、こういう余計なものって、頭(思考)がつい放り込みがちです。

 

そのキャパを越えると、心や体が信号として不調などの形で教えてくれたりします。

 

しっかり引き算をした上で、今のあなたの中にある今この瞬間の本音や心身の状態をじっくり見つめる習慣が、あなたの純度をどんどん高めていってくれます。

こうして本来のあなたに立ち返ると、自然と生まれ持った才能や魅力が輝いてきますし、それってとても多幸感に溢れていて、その姿こそが誰かの希望の光なんです。

 

となると、むしろもっと輝かせる方向へ、自然とあなた自身も進んでいきたくなりますし、その様な選択行動を続けていくと、勝手に環境も調っていったりするんですよね。

 

そんな心地良く幸せな循環を、あなたや私と繋がっている皆さんにも体感してもらえたらいいなぁと感じています。

 

その手段として、まずは自分自身が誰かの光であれるように音楽活動は継続していきますし(やりたい企画たくさんありすぎて収拾がついていません 笑)、こうして文字という形でも引き続きお届けしていきます。

 

音楽:右脳経由
文章:左脳経由

でお届けしますよ~(^-^)

 

ちなみに音楽に関しては、エネルギーをもっと近くで感じて頂けるような環境作りも今試行錯誤中です。

 

この辺はまた随時メルマガでお知らせしていきますね!

 

…といった感じで、今の私の頭の中をシェアさせて頂きました。

 

メルマガご登録下さった方は、もしよかったらご感想や「こんな活動、企画、サービスしてほしい」などリクエストありましたら、メルマガ内にある専用フォームからお便り頂けるととっても嬉しいです☆

 

それでは今日はこの辺で~ヽ(^o^)丿

残暑厳しいですが、夏の終わりを楽しみましょう♪


江村梨紗無料メルマガご登録はこちらから

自分を可愛がれる人は、そばにいる人、そして世界のいびつさと美しさを愛でられる人になる!

本音と向き合い素直に自己表現できるようになると、美意識(価値観)が磨かれ「愛で力」が育ち、自分も世界も可愛がれる自分になれます。

共にその美意識(価値観)を磨きあい互いを愛であえる世界を創っていく仲間をメルマガで募集中です♪

そんな世界を創っていくためのヒントや気付き、実践のためのサービスや企画を無料メルマガでお届けしています。

自身の体験や学びに基づいた声や音楽の持つ力にまつわるお話、婚活を初めて1年未満でスピード入籍してスタートした新婚生活から学んだ日々のあれこれなど、色んなアプローチから私の生活(人生)全てをフィルターにしてお届けしています。

音楽活動の進捗やお知らせもお届けしますよ♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA