私みたいになるな!怒涛のデトックス祭からの生還と3つの学び

こんにちは!江村梨紗です(´▽`)

 

こんにちはと言いますか…

 

お久しぶりです<(_ _)>

 

前回10月に二胡レッスン備忘録をあげて以降だいぶ経ってしまいました…。

今回はその間のあれこれや気付きなど、生存報告&近況報告も兼ねてお話しようと思います。

 

 

デトックス祭 その1

 

そもそもの予定としては、10/13のライブ後、そのレポをお届けしようとしていまして、実際原稿も途中まで書いてたんです…!!

 

…が!!!!( ・Д・)

 

そのライブで起こった展開の色んな意味での反動が出まして、その後に体調を崩しました(その1)。

で、その1は数日で治ったんです。

 

 

というか

気力で治したんです(`・ω・´)

 

 

なぜって??

 

 

10/13のライブ翌週に彼氏との初旅行が控えていたからです!!!(`・ω・´)

 

 

因みに行き先は佐賀県の武雄と唐津。

 

↑武雄温泉!楼門から撮りました☆

 

見たいもの食べたいものを色々好き勝手に言っていたら、予約やら旅程の詳細やら手配をぜーんぶしてくれたのですよ…!!

 

その旅レポは後日するかどうかは置いておきまして、これを体調不良でキャンセルするなど私の辞書にはないのです…!!!

 

ということもあって、その1はほぼ気力で治しました(笑)

 

旅行も自然の都合で不可抗力な事以外は全て満喫し倒しまして、若干山登りな観光地もありつつも温泉で癒されるやろ!とタカをくくり、楽しんで参りました。

…が、その後大物がやってきたのでした…(;´Д`)

 

 

デトックス祭 その2

 

無事に旅を終え、

「こりゃあもう余裕だな( ̄▽ ̄)」

ということで、翌週末もいつも通り彼の自宅に泊り、その日曜日には彼の希望もあって、彼が自らお弁当を作ってくれて、地元の小さい山にハイキング?プチ登山?なんかもしまして。

 

↑山頂から福岡の街が見えます♪

 

ちなみにこちらが男の手作り弁当↓

 

ほうれん草のバター炒めがめちゃくちゃおいしかったです…!

お料理できる人(かつ料理自体が割と嫌いじゃない人)で本当に良かった…!!!

 

…とちょっと脱線しましたけども!!

要は10月のスケジュールが

2週目 ライブ
3週目 旅行
4週目 プチ登山

と、体には地味に負荷が重なっていっていたんですよね。

今こうして文字にしてようやく自分でスケージュールのハードさに気付くという感じなんですけれども…。

 

で、さらに季節の変わり目。

な上に、私自身の女性のサイクルも色々とドンピシャに重なりまくり、登山翌日の10/28(月)、新月の日、朝から喉の痛みが…。

 

ここから怒涛のデトックス祭その2が開幕するのです…!!!

 

「夜中に喉が乾燥したのかな?」

と悠長に構えていたらですよ。

 

翌日10/29(火)に出勤してすぐに熱が出ているなと自覚できるくらいに熱が出まして、早々に早退。

(「そうそうにそうたい」って何だかゴロが良くないですか?w早口言葉みたいで。)

 

そのまま夜には高熱になりまして一晩うなされました。

 

が、10/30~31は偶然シフトが休みで、原因もPMSの一環の肩こりからくる扁桃腺の腫れだろうとわかっていたので、

「寝れば治る!(`・ω・´)」

という謎の自信をもって通院せずそのまま寝て過ごします。

 

…が、ひかない!!!!

 

熱が!!!

全然!!!!

ひかないーーー!!!!!(ノД`)・゜・。

なんでやーーーー!!!

 

 

「寝れば治る」は私の専売特許という位に割と回復力は高い方なのですが、何故か今回は治らず…。

そして気付けば月を跨ぎ、11/1(金)と2(土)。

 

月初が最も忙しいというのに会社にいずれもお休みを頂きまして、ようやく1日に病院に行きました。

一応高熱が数日続いたということでインフルの検査もしましたが、結局診察結果も扁桃腺の腫れでしかなく。

 

 

先生からは

「連休挟むし点滴打ったら早いよ」

と言われましたが、私が注射など針の類で刺されるのが嫌すぎて拒否りまして(笑)

お薬のみ処方してもらいました。

 

すると、一応微熱程度にまでは下がり、連休も予定は大幅に変更になりましたが一日だけ彼氏とお出かけもしました。

 

 

で、もう微熱ならいいやろ、と再び調子に乗り、11/5(火)に出勤。

 

久々なので午後からは頭痛も出てかなりだるくなってしまいましたが、

「これはただ鈍っているだけだ!」

とこれまた勘違いを起こし、普通にフルタイムで働き、さらには以前から依頼されていた二胡の先生のコンサートのお手伝いに、退勤後の夕方から夜21時半くらいまで普通に行ってしまったのです…。

 

 

お手伝い自体はすごく楽しくて、先生の演奏も隙間時間に聴かせて頂いて、すごく心の面では癒されたのですが、復帰初日の体にはとんでもない負担でした…。

というかまだ微熱あるなら復帰自体したらダメですよね。

…と冷静になった今ならわかります(笑)

 

あ、でもお手伝いに行ったこと自体は反省はしていますが後悔はしていません( ̄▽ ̄)

 

 

そして案の定翌日思いっきりぶり返し、11/6(水)~8(金)まで会社を休み、7日にはお薬が切れたので再通院。

今度は諦めて点滴してもらいました…。

 

針痛かった…(ノД`)・゜・。

 

 

今回はお薬も変えてもらって、さらに点滴効果もありまして、翌日には高熱はもう出なくなり、金曜日には一日中平熱で、鼻と咳だけになりました!!!

 

医療の力すごい…!!!!

 

なので土曜は近場で彼氏とお出かけもしてきましたよ!

そしてもう日曜はぶり返してないです!!

むしろ活動したくて心身がわくわくしたエネルギーに満ちてます!!

 

 

ということで、月を跨いで2週間にわたる扁桃腺炎との戦いも終焉を迎えたのを確信したので、今こうしてレポを書いております( ̄▽ ̄)

ですので今度こそ!ご心配なく!!

 

 

私みたいになるな!3つの気付き

 

今回の2回にわたるデトックス祭。

特に2回目は2週間も苦しみました(;’∀’)

で、「治って良かったね~」と終わらせないのが大事です(`・ω・´)

 

ということで、この一件を通して痛感したことを振り返ってみます。

 

きっと 今読んで下さっているあなたが同じ過ちを犯さないための、小さなお役には立てることがあるかと思いますので…!!!

 

 

1.お一人様修身デーを定期的に確保しよう

 

熱にうなされながら、無意識にここ最近の生活サイクルを振り返っていました。

 

8月から今の彼氏とお付き合いを始め、9月以降ほぼ毎週のように週末は自宅に泊まりに行っていました。

 

特に遠出をせずに自宅でのんびり過ごす日もあったのですが、平日は仕事、週末は外泊、と結局は二重生活をしていた状態。

週末に丸一日自宅でゆっくり過ごすという日が無くなっていました。

それがほぼ1か月半。

からの旅行やらプチ登山。

そりゃあ体も疲れるわ!!!( `ー´)ノ

 

と、当たり前のことにようやく気付き、反省致しました…。

 

一緒に過ごせる時間が長い方が当然嬉しいのですけども、この世の優先順位は

「修身斉家治国平天下」(by『礼記』)

 

修身:自分自身
斉家:パートナー、家族
治国:お仕事
平天下:世の中全体

という順にエネルギーを注ぎ、この順にしっかりと満たされてからでないと次へと進んではいけないのです。

「いけない」というか、怠ると今回の私の様にきちんと反動が来ます(笑)

 

で、今回の私は斉家に時間を割きすぎて、修身の時間を無くしてしまっていたんですね~。

なので、今後の週末の過ごし方については彼にも相談しております。

バランスって大事ですね。

 

 

2.斉家も治国も進化して両立する、次のステージへのリセット

 

もう一つ、私の人生の仮説として

「人生は波である」

ということと

「足し算と引き算はワンセット」

というのがあります。

 

つまり、ずーっと絶好調!という人生も、ずーっと絶不調という人生もない。

良い時もあれば悪い時もある、その波をどう捉えて乗りこなすかが人生の充実度を決める、ということ。

 

そして、人生が次のステージへ上がる時、つまり何か新しいものを得る時、その前後に必ずこれまでの何かを手放したり、浄化したりすることが起こるということです。

 

 

で、デトックス祭その1は10/13のライブでの展開とセットだと解釈していて、その2はこれから大きく人生が変わる何かしらの流れがやってくると感覚的に感じ取っています。

 

大きな変化に対応し得るために、徹底的に外部との関わりを遮断して、自己と向き合わざるを得ない環境を創り、肉体的にも熱で燃焼しまくって浄化して禊をしているのかなぁと。

大きくジャンプする前にしっかりとしゃがんで、エネルギーを貯めている状態ですね。

 

そういう感覚で2週間を捉えています。

 

その答え合わせとして、実は一昨日彼と福岡県太宰府市の竈門(かまど)神社に行きまして。

 

 

大宰府と言えば言わずもがな菅原道真公の太宰府天満宮が有名ですが、こちらの竈門神社は玉依姫命(タマヨリヒメノミコト)という縁結びの女神様が祀られています。

 

パートナーシップのご縁とお仕事のご縁、どちらにも通じるということで

「斉家と治国を両立するための修身のヒントをください!」

と、修身の大切さが身に染みまくった上でお祈りしておみくじを引いたところこんなお言葉を頂きました↓

 

・時期節目を大切に。チャンスと思えば迷わず門出しましょう。

・今が最も良い機会。希望に向かえば叶う!

・ただし調子に乗りすぎて遊んでばかりいると幸運を逃します。

・事業は今が大切です。励め。

・縁談は早く進めた方が良い。でも結婚は人生の門出でもあるので慎重に。

 

とのこと。

はい、確かに調子に乗りすぎましたね。

体のケアを怠りキャパを過信しすぎました…。

 

 

冒頭のライブの件でごにょごにょと書いておりますが、ちょっと音楽方面でありがたいお話もあったりしてまして、その辺も示唆されているような感じでした。

 

縁談・結婚の項目に関しても、音楽のお話がもし本格的になるなら彼と話し合うことも色々出てきます。

 

そういったことを含めて読んでみると、夏の斉家祭も落ち着き、これからはパートナシップも音楽方面での治国も、地に足を付けてどう両立していくかを、夢や理想としてではなく、現実にこれから起こる自分事として具体的に考えていく段階に入っているんだなと感じております。

 

そのために、自分自身を大きくリセットするためのデトックス祭だったのかなと捉えています。

 

 

3.体の声に忠実に従う!

 

デトックス祭その2で1回目の通院後、高熱がようやく微熱程度に下がった時、実はちょっと細々と片付けなんかも自室でしてたんです。

 

39度以上が2日も続いて、それからようやく解放されると、37度台でまだ微熱でも

「もう余裕やん!!( ̄▽ ̄)」

とつい調子に乗ってしまうんですね~。

 

まだ微熱はあって、頭も若干ふらふらとしているのに。

 

それが良くなかったですね。

 

本当は体はまだ横になって休息を取ることを求めていたのに、中途半端に動けるようになると

「領収書溜まっとる!」とか

「メールの受信箱パンパンや!」とか

色々早くやらねばと焦るんですね~。

 

 

でも、そこで頭の声に押し切られず、体の声を聴けるかどうか。

ここが人生を左右します!!!

 

特に頭の声が強い人(好き嫌いや快不快を我慢して、ルールや善悪、損得を優先できる人)は特にそうです。

 

私の今の人体実験の結果としては

頭の声>体の声>心の声>>魂の声(本音)

なんです。

 

人によっては頭で考える前に手が出ちゃうみたいな人もいるかもしれませんが、私はこういう順で声が強いです。

なので、長らく自分の本音が見えにくい状態でした。

 

でも徐々に色々自己分析法などを学んで実践したり、音楽活動で自己表現をすることによって、体を通して心の声、魂の声(本音)が聞き取れるということを体感してきました。

 

それなのに。

嗚呼それなのに。

 

人は日々に追われるとすぐ、そんな大切な気付きも日常で習慣にすることをうっかり忘れてしまうのです(ノД`)・゜・。

 

 

自分の人生を最高にするための答えは、みんなすでに生まれた時から自分の魂が知っています。

なので、自分の魂(本音)に聴くしかないんですよね。

 

でも、その声は日々の喧騒にかき消されてめっちゃウィスパーなことが多いです。

 

その声を代弁してくれる、頭よりも魂と近い所にいる心の声(感情)を聴ければいいのですが、それもめっちゃウィスパーになっちゃってる人も多いのです。

私も感情押し殺し人間でした。

 

 

じゃあどうするかというと、心と繋がっている体の声を聴いていくことが一番わかりやすいのです。

 

そのために、修身という自分を慈しみケアして振り返る時間が必須なんですね。

修身こそが体の声を聴くのにぴったりの時間です。

(さらに日記など文字にすることで心と直にアクセスすることもできますよ!)

 

 

私は日々お風呂や寝る前など、ルーティンで一日分の体の疲れをまとめてケアする場を設けてはいました。

 

でも、その瞬間瞬間に感じた体の声、例えば職場でも今肩が痛いからストレッチをするかどうか、トイレに行きたいけど今パソコンの作業が切りが悪いから、あと3分…

とか、そういうめちゃくちゃ小さな体の声は流してしまうことがまだまだ多かったなと気付いたんです。

 

 

私は好きな事以外でも、何かしら作業で集中するとつい没頭してしまう所があるので、結局一日分の心身のストレスをまとめて夜のルーティンで流す、という感じになってしまっていたんですね。

 

勿論その瞬間全ての体の声を秒で叶えるというのは無理がありますが、自分の裁量でできる範囲のことは、振返ってみれば結構多かったりするんです。

 

伸びをして深呼吸するタイミングもお手洗いのタイミングも、別にいつしたって私の事務の職場では上司からも何も注意なんてされないですし、仕事のペースも順番も割と自己裁量に任せてくれています。

 

ただ自分が勝手に被害妄想か何かよくわかりませんが

「ここは我慢しなきゃいけない」

と思い込んで意味のない我慢をしていたんですねー(笑)

 

 

いやまぁ無駄なことを無駄だと気付くことが大事だって誰かが言ってました!( ̄▽ ̄)

だから今気付けたならいいんです!(笑)

 

 

そういう、自分の体をもっと繊細に扱って一瞬一瞬「今どう?」と聞ける自分でありたいなということに気付けたことが大事なのです。

 

なので、その学びを実践すべく2回目の通院後、金曜日には熱は終日平熱でしたが、

「熱無いけど頭ぽーっとするな~。

あ~、何か眠いな~。

寝よ!( ̄▽ ̄)」

と割り切って一日中寝てました(笑)

 

おかげで土曜日は一日楽しくデートしてくることができました!

し、ぶり返すこともなく日曜日には、一日こなしたかったことを楽々こなせて楽しく過ごせております♪

 

 

多分この最後の金曜日を罪悪感との向き合い方も含めて実践するための長期開催デトックス祭だったんだろうと思います。

最終試験ってやつですね。

 

まずは心身をしっかりと調えて修身してこそ、パートナーとの時間も楽しめて、メルマガを書いたり、作業を進めたり音楽をしたりと、自分が果たすべきことのためにエネルギーを注げるのです。

そのためにも、小さなサインを聞き逃さずに叶えてあげる事!

その繊細な聴く耳を育てて習慣化する事!

これが3つ目の学びであります!(‘◇’)ゞ

 

 

デトックス祭総括

 

ということで、今回の計3週間にわたるデトックス祭の経緯と学びでした!

 

ちょっとまとめ的なことをしてみますと、私の3つの学びは

1.お一人様修身デーを定期的に確保しよう

2.斉家も治国も進化して両立する、次のステージへのリセット

3.体の声に忠実に従う!

でした!

 

これからどんどん冬に向かって寒くなります。

日光の量も減ってきます。

 

人間も動物ですから、さすがに冬眠はしませんけど(できればしたいw)エネルギー量は春夏よりも減りやすいです。

 

そんな時こそ特に自分の心身と向き合う修身タイム、できれば週一で修身デーを設けて、体の声をしっかり聴いて、ご自愛して、いつ人生の大きな転機やチャンスが来ても乗りこなせるように備えましょう(´▽`)♪

 

それではまた~!ヽ(^o^)丿

 

 


江村梨紗無料メルマガご登録はこちらから

自分の体験と学びをもとに「なぜ声と向き合うと人生が輝きだすのか」のヒントを無料公式メルマガでお届けしています♪

新企画「声で命を輝かす1to1ツアー」やオンラインライブなどのお知らせもこちらでお伝えしていきます(´▽`)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA